学校法人 帝塚山学園 TEZUKAYAMA GAKUEN

学園長挨拶

学園長 冨岡 將人

「一人一人の想いをカタチに」そして未来へ!

これは帝塚山大学50周年を記念して、高校生から頂いたキャッチコピーに「そして未来へ!」を付加したものですが、今では私の強い想いになっています。

勿論、帝塚山学園には建学の理念「国家・社会の負託に応える有為の人材を育成する」、また、教育の精神「子供や若い人達は学園の宝」が有りますが、我が学園教育の主役は学生・生徒・児童・園児です。主役に寄り添い、無限の可能性を引き出し、子どもたち一人一人を洋々たる未来に送り出していくことを願いとして教育を進めていきたいと思っています。また、このことが建学の理念、教育の精神にも適うものと考えます。

帝塚山学園は2歳児教育・幼稚園から大学・大学院までを擁する総合学園ですから、子どもたちの「一人一人の想い」も年齢と共に様々です。これからのグローバルな社会に対応する国際化教育とICT教育、内部進学制度の充実を図りながら、「一人一人の想い」が最終的に「カタチ」となるよう各学校間の教育連携を一層進め、帝塚山学園の一貫性を求めていきたいと考えています。

そして、「帝塚山教育を通じて、変化する時代に選ばれ続ける総合学園」でありたいと思っています。

このページの先頭へ戻る