学校法人 帝塚山学園 TEZUKAYAMA GAKUEN

建学の理念 -創立者が目指した教育-

「国家・社会の負託に応える有為の人材を育成する」

帝塚山学園は、初代理事長・山本藤助氏個人と、山本藤助理事長が関係する団体及び大阪電気軌道株式会社、すなわち現在の近畿日本鉄道株式会社等からの浄財の寄付により創立され、昭和16年2月28日付で、文部大臣より、財団法人帝塚山学園の設置認可を受けました。

建学の理念は、学園の憲法とも言うべき寄附行為第3条の「教育の目的」に定められています。それは、「国家有為ノ国民ヲ練成スルヲ以テ目的トス」であり、昭和16年当時の社会背景のもと、国家の負荷に任ずべき国家有為の国民を練成するためのものでありました。

その後、昭和25年に私立学校法が施行され、これに伴い、学園の組織は、財団法人から学校法人に変更認可されました。組織の変更を機に、寄附行為第3条の教育の目的も変更、さらにその後加筆され、現在は「この法人は、教育基本法、学校教育法及び私立学校法に従い、学校教育を行い、社会に有為な人材を育成することを目的とする」と謳われています。

この寄附行為第3条の教育目的は、学園創立当時と現在とでは国家の体制が大きく異なるとはいえ、70余年の歳月を経た今日まで、不易の理念として脈々と受け継がれています。

この有為な人材とは、日本の文化や歴史を正しく学び、自国に対する誇りを持つと共に、他国への敬意を払うことができ、そして品性、教養、知性をしっかりと身に付けた人材のことであります。

このページの先頭へ戻る