学校法人 帝塚山学園 TEZUKAYAMA GAKUEN

校章

歴史と伝統ある学園の新世紀を一丸となって歩んでいきたい

帝塚山学園が昭和16年、今のあやめ池近くに新しい校地を求めて旧制中学校を開設したとき、美しいアカマツ林に囲まれた環境にちなみ、松の葉とまつかさ、「帝」の文字をあしらった学園章が制定されました。赤松のもつ力強さと風雪に耐える永遠性、成長と結実、円があらわす円満と完結などの理想を象徴しています。学園創立60周年を期に、一貫教育という学園の教育理念を再度認識する意味を込めて、校章のデザインとカラーを幼稚園から大学まで統一しました。カラーは、創立以来学園のシンボルカラーとして愛されてきた茜色です。歴史と伝統ある学園の新世紀を一丸となって歩んでいきたいという願いが込められています。

また、「松かさの間に はさまっている一片の松の種が ひらひらと此の地へ落ちた やがては 亭々たる松の大木に育つだろう」森礒吉第2代理事長は、帝塚山学園が建てられようとしている地で、教育への夢と希望を託して述べました。はじめは、誰でも小さな種である。しかし、大地からたっぷりと養分を吸い取り、陽光をからだいっぱいに浴びるうちに、大きく立派に成長していってほしい。そんな子どもたちへの願いが、本学園章・校章に込められています。

※ 帝塚山学園の校章・ロゴマークの使用は申請が必要です。使用する場合は、各学校までお問い合わせください。

このページの先頭へ戻る